薬を持っている医者

性病を改善

a girl holding a blister packs

日本で最も多い性感染症に、クラミジアが挙げられます。クラミジアは、感染していても気づかない人もいると言われるほど症状が出ませんが、立派な性感染症です。クラミジアを放置しておくと、最悪の場合、女性なら不妊症の原因になったり、男性の場合は、前立腺炎などの病気になってしまいます。性器に痒みや違和感を感じれば、感染症にかかっているかもしれません。さらに、最近ではクラミジアは性器だけではなく、咽頭に感染がみられる例が多くあります。特に、フェラチオのようなオーラルセックスで感染するのです。咽頭がクラミジアに感染されていると気付かずに、ただの風邪だと思っている方もいるほどです。
性病や性感染症といったものは基本的に、コンドームの装着で防ぐことができるので、予防することが大切です。しかし、今からそう言ったところで、既にクラミジアに感染されている場合は、治療をしなければなりません。クラミジアの治療薬には、クラビットという薬があります。クラビットは、クラミジアやカンジダなどの細菌によって引き起こされる性病に効果を発揮します。病院などで処方される薬にもクラビットが使用されているほど効果のある薬なので、安心して利用することができます。クラビットは錠剤タイプの内服薬や、注射タイプ、点眼タイプなどの種類があるので、自分に合った方法で薬を利用することができます。また、クラビットはあくまでもクラミジアなどの性感染症の改善薬であって、予防薬ではありません。服用してから性交渉をしたところで効果はないので、自分がクラミジアに感染しているとわかった時点で利用するようにしましょう!